1歳の子にあげたくなる、長持ちお菓子

こんにちは

下北沢のやきとり屋さんで働いている、たっくんです。

1〜2歳の子を出先で落ち着かせておくのって大変じゃないですか?

ママが色んな工夫をして頑張っても、
一度泣き始めたら落ち着かせる事ができなくなってしまいますよね。

この間とある長持ちするお菓子をうちの子に
あげてみたので紹介したいと思います。

エジソンママ 歯がため堅パン

こちらの商品は子供の「噛む」をサポートしつつ、
長い時間「なめなめ かみかみ」を楽しむお菓子だそうです。

サイズ的にはちょっと大きくて、
おやつは「たまごボーロ4〜5個で1回」という我が家にとっては
半分に割ってあげたくなるサイズでした。

とりあえずどのくらい堅いのか、我が子にあげてみる事に。

ぱく。

かみかみかみ・・・

ん〜〜〜!(食べられない!)

ないない!(いらない!)

なかなか食べられない我が子は、逆から食べてみたり、
なんとか咀嚼しようと努力しますが、簡単に割れません。

なるほど、これはすごい。と。

しばらく「なめなめ かみかみ」をしていると
パパに助けを求めてきたので、割ってあげる事に。

ふんっ!

ぬぬぬ・・・

割れない・・・だと・・・?!

これ相当かたいぞ!

そう、大人の力で割るのも苦労するレベルで堅いです。

こりゃ長持ちするわけだ・・・。

とりあえず我が子の力では一向に噛みきれないので
パパががんばって一口サイズに割っていき、食べさせました。

しばらく見守っていましたが、一口サイズに割っても
1個食べるのに5分くらいかかってました。
よく噛まずに飲み込んだら喉に詰まる可能性。多分あります。

なのでこれを食べさせる時はしっかり見ててあげないとだめです。
※基本、1〜2歳の子は大人が見守っててあげないといけないけどね

ともあれ、商品の売りとしての「長時間楽しめる」という点においては、
想像をはるかに超えたパフォーマンスを発揮してくれたお菓子でした。

おすすめです!

たっくんでした٩( ‘ω’ )و