こんにちは!下北沢のやきとり屋で働いている、たっくんです!

背景を描くのが面倒なあなた!

僕もそうなんです!

一緒にズルしようぜ!!

1.テーマを思い浮かべる

ふぅ・・・そろそろゴールデンウィークか・・・
連休だなあ・・・

連休といえば、家族団らんだな・・・
家族でづんでこに行く・・・うんうん、良いねぇ・・・

といった感じでイメージを固めます。

2.テーマに沿った構図の写真を撮る

づんでこで家族団らんという事は、座る席はボックス席が良いだろうなぁ。
家族の表情が見えるような構図が良いから、
カメラの位置はちょっと低めで、斜めから撮ってみよう!

※画像はクリックで拡大します

01という事で撮った写真がこちらです!!

3.写真を線画にして、薄めて印刷する

写真をパソコンの画像編集ソフトで加工します!

02僕は「CLIP STUDIO」を使ってます!
写真を線画にするのも簡単!よっしゃあ!

この線画を透過率30%くらいにして印刷します!

4.シャーペンでキャラクターを下書きします。

席に座ったキャラクターをイメージしてザザッと適当に描きます!

03超適当でOK!

これをスキャナで読み込んで、次はパソコンです!

5.キャラクターをラフにする

ペン入れの時間を短縮するためには、ここが重要です!

てきとーな線でペン入れを始めようとすると大体バランスが崩れていくので、
ここでしっかりと完成した線を想像して描いていきます!

04次は、これを印刷してペン入れです!

6.ペン入れ

最近、僕は筆ペンを使ってペン入れする事にハマっています。
筆ペンの利点は「線がヨレヨレでもごまかせる」ところです。

05こんな感じです!

パッキリきちんとした線でペン入れを始めると、
背景もキャラクターもすっごい神経使ってペン入れしないといけなくなります。

ちなみにここまでの工程で軽く3~4時間はかかってます!(遅筆!)
もし本気出して描くとなると1日じゃ足りないのでこの程度で良いんです、ええ。

7.スキャナで取り込んで色塗り

最後です!ここも適当です!スキャナで取り込んでレベル補正をします!
レベル補正をすると線画だけ抽出できます!

で、輝度を透明化して白色部分に色を塗れるように加工します!

で、いざ色を塗ります!

真面目に色塗りすると数時間~何日とかかるので、影だけ塗ります!

06

完成!

 

以上!!