こんにちは、陣太鼓三男のたっくんです。

さて、限定日本酒が大好評でございます!
「姿」も完売致しました!

いやー、嬉しいです!ありがとうございます!

さて、特別に仕入れた新しい日本酒が無くなったら
また新しい日本酒を仕入れて、回転を早めるために30%オフで販売しているのですが、

気になる次回の日本酒は「阿部勘」の夏純吟、金魚です!

このお酒はまたもや夏限定のお酒になるんですが、

夏限定の「金魚」ならではのラベルになっております。

真っ白なラベルになっておりまして、
隅っこに「阿部勘」としか書かれていません。

裏側には何も貼られていないのですが、なんとびっくり!!

表のラベルを裏から見ると、金魚の絵柄が!!!

良いですね~

この間、泡盛のラベルの裏に「ありがとう」って書いてあって、
すごい良いな~って思ったんですよ。

こういうの、味があって良いですよね!

さて、僕の趣味の一つとして「動画作り」があります。

最初は、1年の思い出の写真をスライドショーにしてプレゼントしよう!と思った所からでした。

なんとアプリで結構簡単に動画が作れちゃう時代なんですね~。

動画作りを意識して写真やビデオを撮り始めると、気を付けないといけない事がいっぱいあって。

その制限の中でも重要だと思う2つをご紹介します!

その1.スマホを横にして撮らないといけない

スマホで写真を撮る時、縦で撮ってる方が多いと思います。

もし結婚を控えているとか、結婚したいなどと思ってるなら今すぐ横にしてください!!
プロフィールムービーを作る時に超後悔します!!!

何故かというと、動画を見るTV機器のほとんどが16:9などのワイド画面で、
縦の写真やビデオを動画にすると、左右に黒帯があるか限りなくズームした状態になるからです。

せっかく映したいものも、小さくなるか映せなくなるんです!!

もし結婚五秒前なご友人などがいらしたら、是非横で撮ってあげてください!

あと子供が生まれたらぜひ横で撮るべきです!!
ビデオを作る時に縦の写真やビデオが多いとめっちゃ後悔します!

※縦で雰囲気の良い写真や映像もありますので、そういうのを撮りたい時は縦でも良いと思います!

その2.景色を撮るために画面を左右に振ってはいけない

動画を撮る時、左に振ったら右に振ってはいけません。

たとえば、思い描いてください!

京都に旅行中、伏見で「十石船」に乗ったらどうやってビデオを撮るか。

左右に良い景色がいっぱいあります!
どっちも撮りたい、撮らないなんてもったいない!!

ビデオを回します。

左の風景から撮り始めて、右に画面を振って、左に振りますね。

実はこうして撮られた映像、見る人は酔います。

酔わなくても、すっごい見難い映像になっちゃうんですね。

もし良い景色に遭遇し、ビデオを撮る時には以下の事に気をつけましょう。

・一度の撮影で画面を振るのは一回だけにする
・画面を動かさないシーンを5秒間でも良いのでいくつか撮っておく

これだけでも大分良い映像が取れます。

動画なのに画面を動かさないなんて勿体ない!って思うかもしれませんが

グッと堪えましょう。

今回は「素材」をどうやって撮るのかをお話させて頂きました。
素材を「編集」する時にも結構いろんな事を考えないといけません。

いやー、奥が深いですね。

僕も素人で経験上の話しかしてないので、はたから見たらそんなのは古いわ!と思われるかもしれませんが、
どうか生暖かい目で見守ってもらえるとありがたいです。

編集の時にはどういう事に気を付けているか、また機会があったらお話したいと思います。