こんにちは、たっくんです。

手術した経緯

2017年ごろから扁桃腺炎を繰り返していて耳鼻科に通ってたのですが、
「副鼻腔炎の症状が酷いので、そのせいで扁桃腺炎になってる」という診断を受け、
根本から治療を。という事で「慢性副鼻腔炎」の手術をして頂きました。

12月頭に手術があり、しばらく入院。

即、仕事に復帰したかったのですが、体調が戻らずに出勤したりしなかったり。

ようやく、元気を取り戻してきたかな・・・?という感じでございます。

お店の皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。
これから頑張って働いていこうと思っています。

術後の効果。

さて、副鼻腔炎の手術をした事で、色んな症状が改善しました。

・鼻がスースー通るようになった
・寒暖差で鼻水が出なくなった
・くしゃみをしても鼻水が出なくなった
・とにかく鼻水が出なくなった
・匂いや臭いに敏感になった

これまで何かとティッシュが手放せない状態で30年間過ごしてきたので
今は『あ、鼻水出る!』と思っても鼻水が出てこないため、
うっかり用意したティッシュのやり場に困るというのが最近の悩みです。

ちなみに鼻通りを良くするために鼻中隔湾曲症の手術もついでにしたのですが、
そのおかげで他の効果も発動しているらしいです

・アレルギー耐性(数年間)
・いびき改善

とかです。

・2019年2月17日追記。

1月から「綿球」をしないで生活し始めた事でまた感覚が変わったので追記。

綿球をしないで生活すると

・鼻水、鼻くそが製造されるようになる
・空気の悪いところで寝ると鼻詰まりが起きる

これ、最初は「また副鼻腔炎になったのか?」と勘違いしておりましたが、
綿球を付けて寝るようにしたら改善されたので間違いないです。

つまり

空気中には汚れがいっぱい!!

という事ですね。

我が家の場合、子供のためにエアコンをつけっぱなしで寝るのですが、
その時に空気中の汚れが鼻から吸引され、鼻詰まりを起こしてしまうようです。

もし手術をした後に鼻詰まりを起こすようになったら
日常生活で吸っている「空気」を疑ってみると良いと思います。

その後

個人的にびっくりしたのは、鼻呼吸の勢いが増して、威力があるという事。

術後は綿を丸めた「綿球」を鼻に突っ込んでおくのですが、
鼻が通るようになってからというもの、笑った時に綿球がポーンと飛んでいきます。

妻が「今日、〇〇くん(息子)がこんな事してたんだよ」

と、息子のおもしろ近況を聞くたびに

( ’Д’) ゜゜ポーン

すごいよ副鼻腔炎の手術・・・。

・2019年4月17日追記。

1回目の術後通院が終わったので追記。

◇現在の状況
・綿球はせずに生活している。
・鼻は基本的にスースー通っている。
・匂いもバッチリ嗅げる
・空気中の汚れに気をつければ鼻詰まりが起きない
・鼻水もそんなに出ない
・風邪をひきにくくなった(術後5ヶ月間で1回だけ)
・熱が上がらない(38度台までいかない)

◇先生から言われた事

うん!問題ないですね!

うん。

まぁ、基本的に健康です。

・何故風邪をひきにくくなったのか

僕が毎月かかっていた高熱の風邪は、

①.「鼻水に含まれる菌が喉まで下りてきて、扁桃腺に触れて炎症しやすくなる」

②.「寝不足や疲労によって、扁桃腺が炎症しやすくなる」

というダブルコンボによって引き起こされるタイプの風邪でした。

つまり、慢性鼻炎の僕にとっては一生付き合っていかなければならない病気でしたと。

今回「副鼻腔炎の手術」で①の「鼻水の菌が扁桃腺に触れる」という機会が減ったため、風邪をひく回数が激減したというわけです。

生活サイクルがまったく変わってないので未だに寝不足と疲労が溜まってる状況ですが、①が無いだけでここまで違うのか!というくらい体調を崩しません。

辛かった事ランキング

退院後、お客さんに話す時のために考えとこう!と思ったら、
食事中にそぐわない内容もあったので誰にも言えないランキング。
(だからブログで公開するんだ( ;ω;)

3位「鼻詰まり・口呼吸」

術後は 傷口からの出血や、感染などを防ぐために鼻腔全体に海藻由来の綿を詰められます。
つまり完全なる鼻詰まり状態。強制的に口呼吸になります。

鼻詰まり・口呼吸で辛い事は

・飲食物を飲み込むのが辛い。ほんとにつらい。
・口内が乾いて史上最強のカラカラ度合いになる。痛い。
・寝れない。自分のイビキで起きる。
・呼吸しててもずっと息苦しい

この憂鬱が退院後も続きます。

2位「排尿痛」

手術の時間にもよりますが、全身麻酔のため、尿道カテーテルを入れます。
それはまだ良いんですが、カテーテル抜いた後の排尿痛が泣くほど辛かった…( ;ω;)

今までに感じた痛みの中で一番つらかった…。
その痛みが2日は続くし、3~4日経つまで違和感は消えなかった。
もう二度とカテーテルは入れたくない…。

1位「点滴」

人によっては大丈夫な方も多いかと思いますが。
僕は針が大の苦手で、術後4日間の点滴のために、針を刺しっぱなしだったのが一番つらかったです。

術後は、首から下はもちろんピンピン健康体なので動き回っても良いんですが、
僕にとって「針を刺されてる=蛇に睨まれたカエル」のような心境で、
ずっと憂鬱でした。何もする気も起きなくて、ベッドの上でぼーっとしていました。

最後に

手術して良かった…。

↓↓今回、副鼻腔炎手術した「たっくん」が働いてるお店がこちら!↓↓

創業昭和54年!塩振りパフォーマンスのやきとり店♪

塩焼きにはキャベツが付いてくるよ♪

家族経営です!アットホーム!
(副鼻腔炎手術したのは一番左のたっくんです!)

良かったら遊びに来てね!

アクセス

営業時間 17:00~25:00 ( L.O 23:45 )

電話番号 03 3467 0725

東京都世田谷区北沢2-7-6