こんにちは、陣太鼓三男たっくんです。

暇です。

暇だーーーーーー!!

暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇曜暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇
暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇暇

↑曜をひとつ混ぜてみました!

最近、新しいメニューブック作りを頑張っています!

がんばるぞー。

あーーー、暇だーーー。

さて、「はーしーれー、こうそくのー、てーいーこーくかげきだんー♪」

という主題歌のフレーズおなじみの、
「サクラ大戦」というゲームについてお話したいと思います。

この一時期ゲームを知らない人も何故か曲だけは知っているという、
中毒性の高い主題歌を作曲したのは田中公平さんという方です。

田中公平さんはアニメ楽曲を主に作曲している方で、
ドラゴンボールやキン肉マンなどを始め、数多くのアニメに携わっています。

アニメ好きな人は「トップをねらえ!」や「勇者王ガオガイガー」「OVERMANキングゲイナー」など
意外と知っている方も多いと思います。

サクラ大戦では田中公平さんが全ての楽曲を手掛け、その才能の多才さを表現しつつ、
ゲームに没頭できる最高の音楽を提供しています。

つまり何が言いたいかというと、名曲は主題歌だけじゃないという事です。

サクラ大戦の舞台は大正時代の日本。

帝国海軍の士官学校を首席で卒業した主人公は、
秘密部隊「帝国華撃団」の隊長に任命される事になりました。

部隊の本部は帝都にありながら、敵から居場所を察知されないように
「大帝国劇場」という劇場を隠れ蓑に存在しています。

隊員は「霊力」を武器にして戦う者たちで、
強い霊力を持っているのが若い女性に多い事から、隊員は全員女の子。

平常時は「帝国歌劇団」として舞台で歌って踊っている訳です。

対する敵は江戸幕府復活のために地獄から甦った僧で、
魔方陣を敷いて帝都をぶっつぶそうと画策する訳ですね。

そんなとんでもない的を生身で迎え撃つのは流石に酷という事で、
霊力で動くスチームパンクなロボット「光武(こうぶ)」に乗って
少女たちを指揮しながら戦うというお話です。

このサクラ大戦において名曲が多い原因は
「少女たちが平常時は舞台で歌って踊る」という所にあります。

その設定のために曲が多いんです。

時に儚げで、時に猛々しい、田中公平さんの多才が惜しげなく表現されています。

とりあえず各シリーズの「主題歌」と「エンディングテーマ」
「つばさ」「奇跡の鐘」「君よ花よ」などは外れ無しと思います。

その他にも名曲はいっぱいあるんですが、書ききれないので割愛させて頂きます。

さて、音楽の事について書いたらもう結構良い文字数です。

次回はゲーム内容にも触れてみたいと思います。