サクラ大戦という素晴らしいゲーム

こんにちは♪陣太鼓三男たっくんです♪

梅雨が早く明けてほしいです♪

その心は♪

暇です♪

昨日は新しく大きいPOPを作りました!

お母さんの笑顔が光る素敵なPOPです。

もし陣太鼓にご来店の際は、壁に貼ってあるPOPに目を光らせてみてください。

天使のほほえみがあなたを包み込みますよ!

うふふ!

さて、前回の続きです。

サクラ大戦というゲームはとにかく好感度が左右し、プレイヤーの感情も左右するゲームです。

ああ!あの子が可愛い!でもこの子も可愛い!どっちかを嫌う選択肢なんて…僕にはできないっ!

みたいな葛藤が多々あります。

戦闘パートでは「攻撃する」「力をためる」「必殺技」など色々コマンドがあるんですが
主人公には「かばう」というコマンドがあります。

これは主人公がヒロインの盾になって一度だけ攻撃をかばうという男気溢れるコマンドなんですが
かばう事によりヒロインの好感度がグングン上昇します。

ヒロイン毎にエンディングがありますので、お目当てのヒロインはとことんかばうのが一般的です。

ただ、初回プレイをする時には、一人に集中するなどできません。
なぜなら、それぞれ本当に魅力的なキャラクターたちだからです。

強い霊力を持ち、戦う事を半ば強制されている少女たちが、

主人公という、自分と同じ強い霊力を持った異性が、
隊長として少女たちときちんと向き合って真摯に接する姿を見て、心を開いていくわけです。

女性だけで部隊が構成されていた時には、仲間への不満や不安を抱えながら、
どうしたら統率が取れるのかと思い悩んでいた少女たちが

主人公が現れたことによって、始めはもちろん男性の隊長などと疑問に思っていましたが、
帝都の平和を守るという強い信念の元に、時には自分を叱ってくれる男性という存在が、
「帝国華撃団」を強くしていく重要なファクターになるわけです。

過去の凄惨な出来事で心に闇を持ったヒロインも居ます。

そんなヒロインたちが、自分の過去や等身大の自分を見つめなおし、
成長していく姿を見ながらチームで戦っていく姿がとても素晴らしいんです。

クリアするだけなら難易度としてはかなり低いゲームなので、
もし機会があったら、是非プレイしてみる事をお勧めします。

僕がブログを書く時は、読みやすいように大分端折って書いたりするんですが、
サクラ大戦に関しては思い入れが強すぎるのでありのままの文章を詰め込んでみました。

読みにくいかもしれませんが、その分気持ちが大きいという事でひとつご理解頂ければと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください