キャストアウェイ

こんにちは!たっくんです!

最近映画を見るのにハマっています!
(Amazonプライムビデオで見ています)

この間は「キャストアウェイ」という映画を見ました!
トム・ハンクス主演の映画です!

とても面白かったので紹介したいと思います!


主人公チャック・ノーランドは世界中に品物をお届けする宅配便会社「フェデックス」の敏腕システムエンジニアです。

ある日、彼の乗った飛行機が事故を起こします。

奇跡的に一命を取りとめたものの、彼が漂流した先は人っ子一人いない無人島。

孤立無援の環境に投げ出され、生きるために必要な水、食料、寝る場所の確保という問題に直面します。

チャックは愛する妻を心の支えにしながら、たった一人で無人島生活を過ごします。

そして4年間の歳月が経ち、ついに無人島を脱出して文明社会へと帰還。

しかし、そこで彼を待っていたのは更なる厳しいもう一つの試練だった・・・。


という映画です!

おもしろいですよ!

以下、ネタバレ感想です!

主人公が親友に心情を吐露するシーンがお気に入りです。

無人島に着いて、自分は妻を失った。
自殺する道もあったが、結局できなかった。

何が何でも生きなければ、呼吸をし続けなければ。
故郷に二度と戻れなくても。

そして生還し、故郷に戻ることができた。
でも、妻を再び失ってしまった。

島ではずっと心のささえとしてそばに居続けてくれた。

これからどうすればいいのか?
どう、生き続けていくのか?

無人島にいた時と同じ。
何が何でも生きなければ、呼吸をし続けなければ。

主人公の気持ちがストレートに伝わってくるシーンで、
切ない、寂しいながらも、
「この状況でどう生き続けていくのか」という、
ネガティブだけで終わらない、確かな決意、意義が感じられるようでした。

良い映画でした!よかった!